はっぴぃ☆マーガレット!レビュー

少し古めのソフトですが、はっぴぃ☆マーガレット!攻略したのでレビューを書きたいと思います。

一応古いので公式サイトURLを
http://www.favo-soft.jp/soft/product/happy/index.html

一応ルートロックがかかっていて、さくらさんが最終固定となっています。

ロットアップされてるようなので、今から買うとなったら中古しかないっぽいですね。では感想書いて行きたいと思います。



【感想】
……きっとシナリオに突っ込んだら負けなゲームです。

キャラはみんなかわいいので、体験版やって雰囲気とキャラが合えば買ってもいいかなみたいな感じです。

取り立てて高騰してるわけでもないので、値段的には十分手に入れやすい範囲の値段だと思います。ちなみに俺は2000円で買いました。

出てくるネタがマニアックなものが多かったので、わからなくて楽しめないということも多少あるかもしれません。

まあ、否定的なことばかり書いてる気もしますが、キャラに萌えられればいい人は結構満足出来ると思います。実際俺は満足できたので。

個人的に気に入ったキャラは、いなほ・静琉・カリン姫の三人でした。

複数ライター体制なので各ルート間で矛盾やキャラの性格の違いがありますが、キャラがかわいいので目をつぶりましょう。

かわいいは正義です。

実際は主人公の家柄もいいのですが、主人公はあくまで一般人の立ち位置なので個別終盤辺りになると主人公が空気化します。

最終固定のさくらさんのルートをやらないといなほルートと静琉ルートのさくらさんの思惑がいまいちわかりづらいです。

とはいえ、共通部でのドタバタは普通に賑やかで楽しめるので、体験版次第で一考するのもいいと思います。

あまり強くは勧められるわけではないですが、キャラが合えば十分に楽しめると思います。

次はwith ribbon・ExE・ぶらばん!・カミハミのどれかあたりを攻略したいと思います。





【ネタバレ反転】
千秋の両親といなほの両親は双子同士で結婚した夫婦。
そのため、主人公が夢のなかで会ってる人物は千秋の母親ではなく、いなほの母親。
静琉に漫画を読むきっかけを与えたのはさくらさん。
さくらさんの本名は咲良真央で、静琉の家のグループの創設者の家系。
現理事長はじじい。前理事長(いなほの祖父)に印鑑を隠されていたので理事会に出れなかった。

ものべの感想

金曜の夜にものべのが届いたので、今朝ほどものべの全員ルート終了しました。

といっても予約特典ディスクの分はまだ途中ですが、そっちはエロシーン追加だけなのでシナリオの感想書こうかと思い。

シーン数は公式サイトにも書いてありますが、夏葉10・すみ5・ありす6・ありす&夏葉ととおこ2あとはちま・ひめみや・滝女郎・菜穂子が1つずつでした。

それに加えて、予約特典パッチでまだいくつかシーン数が増えます。改めて数えてみるとパネェ……

といっても、普通に進めていっても通るわけではなく、シナリオを進めていくと場面選択で選べるようになります。

√制限は夏葉最後が固定で、すみとありすはどっちが先でもいいです。私はすみ√からやりました。

最初の選択肢ですみを選ぶかありすを選ぶかで分岐。一人を終わらせた時点でタイトルからもう片方の√に入れるようになり、ふたりとも終わらせたら同じように夏葉ルートが選べるようになります。

一応推奨√順としては、ありす→すみ→夏葉ですが別に違っても楽しめます。

とりあえず個別感想でも。重要ネタバレは白字で隠すつもりですが、個別の感想にどうしてもネタバレは紛れてしまいますので、ネタバレ回避推奨です。




【すみ】
一番最初にすみ√をやりました。2ちゃんのバレ画像はこの√終盤でした……。

夏葉の異常成長を超常的な観点から探っていく√です。すみや飛車角の過去にも少し触れます。

終わり方は……問題は解決しませんでしたが、すみと結婚式まであげて皆と協力して夏葉を治そうとしていくところで終わりました。

すみは超可愛かったですが、見た目的にちょっと幼すぎた気が……。予約特典パッチも含めるとエロシーンもすごく多くなるので、ロリコン大歓喜の出来だと思います。素直じゃないけど暴力的でもツンデレ的でもないところはとても良かったです。

夏葉(小)も幼さ的にはあまり変わらないはずなのになんだろうこの感覚の差は……。とか思って考えてみると、もしかしたら口調からロリババアっぽい感じがして、余計にペドペドしく感じたのかもしれません。

本当はロリババアじゃないですよー。透と同い年ですよー。

【ありす】
ありす√は逆に科学的な観点から異常成長の原因を探ってく√でした。こっちの√では夏葉の症状によく似た病気が見つかりました。

こっちは一応最後の最後で夏葉が治る兆しを見せました。主人公の子供が出てくるエンドです。

主人公が医大生としてものすごく頑張るルートでもあります。尿ジョッキ飲み干す透さんマジパネェっす。

ありす可愛いよありす。幼馴染スキー的にはかなり満足な可愛さでした。

お洒落好きな設定もあって、私服パターンは地味に多いです。成長のせいで私服がちょくちょく変わる夏葉と同じぐらいに多かったです。

あとこのルートクリアすると菜穂子さんの性指導のシーンが見れます。若妻もいいですね。


【夏葉】
とうとう真打の夏葉ちゃんです。成長や若返りのお陰で立ち絵が数種類あります。

立ち絵が変わってないけど、夏葉(大)から成長したとなっているシーンでも演技が変わっていました。個人的に夏葉(姉)って呼びましたけど。

他の√でも可愛さを遺憾なく発揮していましたが、最初のシーンから夏葉視点で語られるのでより一層堪能できました。

というか夏葉(小)状態のときですでに、透のこと(性的な意味で)好きだったんですね。おしっこシーンで拭いてもらって感じてた夏葉ちゃん可愛かったです。

このルートでは、科学と超常的な原因の両方からアプローチしていきました。

透が夏葉はもちろんみんなのこともすごく信じていて、とても良かったです。関の解決方法はご都合主義とか言われるかもしれませんが、言霊は個人的に好きなので普通によかったです。

夏葉がメイド服を着ているCGにすごく惹かれてるのですが、まだシーンは見ていません……。


【その他全般】
シナリオのボリュームは少ない気がしましたが、エロシーンのボリュームは告知されてたとおりかなり多く、マニアックなシーンもあったのでさっきも言いましたがロリコン大歓喜の出来だと思います。

逆にロリ嫌いな人は夏葉ちゃんを楽しめなくなる可能性もあるので、あまりおすすめできないかも……

男勢もみんな渋いところが多くてよかったと思います。けど透がたまにド変態になります。

体験版を楽しめた人なら、十分楽しめると思います。すみ√で投げたくなる人もいるかも知れませんが……。

システム面も使いやすくて、シナリオジャンプもバックジャンプも両方あったのでとても満足しました。

ただ、何を言えばありすのシーンでセリフと声がひとつズレていたり、回想のシーンで滝女郎とひめみやのシーンが入れ替わっていたりしたのが残念だったので、パッチを期待しときます。



以下白字ネタバレ。ドラッグで反転
夏葉が異常成長するのと若返るのは別の要因で、成長するのはIAGS、若返るのは御留水の効果
夏葉はものべのにいた頃に一度オオトメ滝で溺れかけていて、その時に御留水を飲んで同化してしまった
御留水には物事を元のままに留めようとする力があり、それを使って妖の世界と人と妖が共存する世界を重ねあわせて分けていた
その元のままに留めようとする力のお陰で夏葉は若返ることができていた
透の父親は透を死産するという運命を変えるためにすみを呼び寄せた
そのために関に穴を開けてすみが通れるようにした。それが晩年に博師やひめみやと交流を絶っていた理由
透の母親もIAGSだった
尚武は不治の病だったが、透の父親の病止祈祷のお陰で完治した

こんなところでしょうか。

来週の日曜日にはドリパへ行って琴子のおやすみCDを手に入れてくる予定です。それでは~

ドラクリオット感想

一週間ほど更新あいてすいません。もう1000人突破してました。見てくださってありがとうございます

無事東京に帰ってきて、ゲームも受け取れたので、早速ドラクリオットの感想でも書こうかと思います

まずシーン枠が、美羽・エリナ・梓が5枠、莉音が4枠、???が3枠でした。???に関しては後ほど。

ちなみに書いていく順番は私の攻略順ですので、大して気にする必要はありません。

【梓】
梓√をやっていると、つくづくはつゆきののぞむんとそっくりに見えてきます。○目のところとかは特にそっくりに見えます。

多分ルートのテーマみたいなものは、吸血鬼と人間の共生みたいな感じだと思います。

実は、最初にやったので印象があまり……。梓が可愛かったことは覚えてるんですけどね。

この√では主人公が銃を使うのですが、銃を使うのなら能力と組み合わせるもしくは、梓とのコンビネーションを最後まで突き詰めるかにして欲しかったですね。

共生という以上、吸血鬼が人間社会に依存してもダメですし。まあ、√のテーマを見誤っていれば話は違いますが。

最初はアンナの行動が梓を利用するためかと思ってましたが、単純に肉親の情だったんですね。

【莉音】
もしかしたら終わり方的に最後にしてもいいかもしれない√。終わり方はtrueエンドっぽい雰囲気のハッピーエンドです。

好きあってからの莉音の雰囲気が完璧に新妻です。ぜひ嫁にしたいみたいな感じですね。

この√はライカンスロープそのものについて掘り下げたような感じがしますね。苦痛を2人で分け合うとか、エンディングで結婚するあたりとか、微妙に天神乱漫の葵√を髣髴とさせる気もします。

個人的に莉音を探すときの「何でもできる」みたいな展開は好きです。まあご都合主義の能力といわれかねない能力でもありますが……。制約があったほうがいいと思いますが、人工の万能な存在なので、気にしない方向で……

突き詰めると多分、いつ空の策みたいな感じが一番好きです。精神と大きな代償を払えばどこまでも応用が利くみたいな能力が好きです。

欲を言えば、結婚式もよかったですけど、二人の子供も見たかった……。あそこまで子供欲しいって言ってると期待しちゃうじゃないですかーーーー!!

あとこの√ではエリナも超可愛かったです。それと、メーカー一の巨乳は圧巻でした。

【美羽】
一番の楽しみは最後に取っておく派なので、先に美羽をやりました。まぁ、???がいたわけですが……

とにかく照れたりやきもちを妬く美羽が可愛かったです。本物の幼女にまでやきもち妬いてる美羽可愛い

というか、初デートで下着の試着室の中を主人公に見せる美羽パネェ

さすが美羽。他のヒロインにできないことを平然とやってのけるッ。そこにシビれる!あこがれるゥ!

まあ、好きなのを自覚していないからできたんでしょうけど。

終盤の人間と吸血鬼が協力しあうシーンは普通にいい話でした。

さっき言った能力以外でも、薬を打って変わってしまう(というより打たれて暗転する)展開が大好きです。

本能にのっとられて暴走する主人公とか大好きでした。そして、それを操作できるようになる展開も。

最後のポーズは明らかに石破ラブラブ天驚拳ですよね。Gガン見てないけど予想がつきます。

あと、円環の理いいたがるニコラ可愛い。

【エリナ】
お楽しみとして最後に残しておいたエリナです。ものすごくキャラの可愛さがつぼにはまりました。(下ネタ部分はスルー)

他の√でもいちいち可愛かったので期待してましたが、主人公に気を許した途端超甘えてくるのが、完璧にツボにはまった気がします。

ちょくちょく出てくるロシア語が可愛かったです。個人的には「ダー!まかせろぉいっ」という口調が一番ツボにはまりました。少なくとも衝動的にSSとるほどには

ただ、エロシーンに持ってくまでのノリが以上に軽いですwww。おっさんのノリとか普通にこんな感じだと思います。

個人的には、ギャグ調のエロ漫画のノリというのがしっくりきます。まあ、エロシーンとばす派の人なので、出来は知りませんが。

こんなバカップルを家に受け入れた直太……。どうかんがえても目に毒だったでしょうね

あと布団の中にもぐりこんでくるヒロインでした。ピロートークとか大好きなのでそこも余計にツボに入る要因だったんだと思います。

ただ、正直キャラの可愛さにシナリオが押し負けてた感が……。そういえばこの√だと普通にホモの人がいい人でした。暗躍してはいますが。

【???】
多分書こうとしたらほとんどネタバレになるかと思うのであまり書きませんが、キャラはとても可愛かったです。

可愛かったですが。その胸は明らかにおかしいだろう。どこの可変胸だよ。

といいたくなりました。まあ本編でもネタにされてますし別にいいんですが。

なんか髪の色といいなんといいISのシャルにちょっと似ている気もします。まあ、キャラが可愛かったので大満足です。

√制限は、誰か一人クリアしていれば大丈夫なそうです。

しばらく更新あいてすいませんでしたが、また'&'のために少しあくかもしれません。

沙耶の唄もやったのでいつか感想書ければと思いつつ、いつになるかはわかりません……

じゃあ最後にいつもの白地ネタバレでも。ドラッグ反転で読んでください

主人公は実験によって体質を変化させられた人造のライカンスロープ。
その元になったライカンスロープは扇元樹。そのため梓√では記憶を一部引き継いでいる。
莉音も同じ経緯でライカンスロープになり、その2人以外はすべて失敗した。
ただし、莉音は√で主人公の血を飲まない限り、ライカンスロープとしての覚醒はしない。
脳の中の声は、ライカンスロープとしての能力。能力のナビゲート役的なもの?
アンナは梓の祖母。梓はヴァンパイアを刈る血筋の末裔
ライカンスロープが血を吸うと、吸われた吸血鬼はふつうの人間に戻る。吸われた側がライカンスロープであっても同じである。
実は莉音も主人公と似たような経歴。
エリナは吸血鬼の血を吸う吸血鬼。だがライカンスロープではない。
ニコラは実は女で攻略対象。なおかつ可変胸で実は巨乳。
『主人公の親に』『特別な設定なんてなかった。』

『君の名残は静かに揺れて』感想

また2・3日更新があいてました。昨日の深夜から今日にかけて、かつて無い速さで積みゲーが崩れていっていたので感想で
も書こうかと思います。

今日は、ユニゾンシフト:ブロッサムさんより発売中の、『君の名残は静かに揺れて』をプレイしてました。

この作品は、前作のFlyable Heartのヒロインである白鷺茉百合に焦点を当てたFDで、ルートも彼女のルートだけになってます。(まぁBADもありますが……)

そのため、開始時点で前作のネタバレを含んでいますが、特にネタバレ部分の情報には触れていないので、茉百合ルートいがいは、前作のネタバレになる心配はないと思います。

また、事前情報はほとんど忘れてたので、なんの先入観や予想もなくプレイで来ました。エロ枠は4枠ですが、1枠はBADで詩織枠になっています。

今作では、主人公の晶くんが冒頭で花火に巻き込まれなかいため別世界に移動せず、結衣やすずのの存在がオールフィクションされます。

桜子もいなくなるため、繚乱会が2人しかおらず茉百合様が生徒会と繚乱会を兼任してます。

前作では茉百合様の本心に触れて壁をとかして付き合うようになるところまでで終わっていましたが、今作ではその後の実家で茉百合が取り巻かれている環境や、そこで認められることにも焦点が当てられていました。

では、早速感想でも。今回からは、ネタバレを最後に書くことにします。

今作も楽しめましたが、茉百合の背景とその解決まで書いているわけで当然ルートとしても長くなって、茉百合様(黒)でいる割合が減ってしまった気がします……

前作と同じように最初の方は壁を作っている美人ですが、後半にはいって付き合い始めると完璧さがいい感じに崩れて超可愛くなります。

後半は昼ドラばりのドロドロ家庭でしたが、ひどい目にあっても二人の信頼が崩れず常に支えあっていたのは良かったと思います。

前半は桜子に支えられ、後半は会長に支えられていました。特に、後半の会長は前作でのバ会長っぷりがなりを潜めて、まっとうでカッコいい人間になっていました。

多分絆の大切さがひとつのテーマになっているんでしょうね。

白鷺家の面々はみんなキャラが濃く、どこか少しづつおかしい感じがしました。というより、家自体が異質でそれに染められるんでしょうけど……

なんだか、正常に狂っているという表現が一番しっくりするような気もします。

詩織が頭のゆるい小悪魔的な美人だと思ってたら、股のゆるい悪魔な美人でした……。

最後は茉百合が勘当されて終わりますが、茉百合があの家から解放されて幸せになるにはそれしかなかったんでしょうね。

お気に入りのCGでも貼ってから白字ネタバレを書きます。きみなご

<以下ネタバレ反転>

巴は茉百合を嫌っていたわけではなく、あの厳格さは優しさから来ていた
実は、駆け落ち失敗経験者でもある。
利彦は過去に茉百合をレイプしそうになった。晶くんの父親が死んだと吹き込んだのも利彦。
BADでは詩織が逆レイプしてくる。
茉百合は実は使用人の子供ではなく、姉の小百合と実の父親の娘。
小百合が病んでいるのはそれが原因。性格には多重人格であり、どの人格にも言えることは、少なからず茉百合を愛して、心配していること。
御前はそれを知って一人で背負おうとしていた。

ドラクリオット体験版感想

 今日は夕食を終えてから何気なくこころんにあるみらーへ行ってみると、ドラクリオットの体験版がきてました。
幸か不幸か短く、もう終わらせられたのでレビューでも書こうかと思います。短くなりますが悪しからず……

 まず、プレイ部分は本編の共通√部分が1時間半から2時間ぐらいあり、そこから日常シーンとエロシーンに分かれます。まぁ、私の読む速さですので、オートモードとかにすると時間は変わるんでしょうけど……
とはいえ日常のダイジェストシーンも長くはないので、エロシーンを除けば3時間もあれば1周と気になったところを探すくらいはできると思います。エロ枠は4人全員に1枠ずつありました。エロシーンとばす人間ですので、出来は各自で見てみてください。
 今回は、システム周りが変更されてました。メッセージウィンドウの周りにメニューが表示される感じで、個人的にちょっとかっこよく感じました。
メッセージウィンドウ
 原画はいつもどおりのむりこぶ絵で、SD絵は前作より引き続きこもわた絵です。やっぱり両方とも可愛いですね。
 ゆずソフトですのでスクライドネタが入っていることを期待したのですが、少なくとも自分は発見できず……
ドラクエやエヴァはわかったんですがどうしたことやら……それとも自分が見落としていたのか……
今までの傾向を見れば、こことか絶対に「これだから現実の女は嫌なんだ」とか入れてくるはずなんですけどね……スクライドは……?
 体験版部分は主人公がアクアエデンへ来て吸血鬼になった後、職務中に車に轢かれそうになるところで引きます。
 体験版部分では、美羽が一番出てきますね。予想以上に主人公をからかってくる回数が多かったです。それも毎回照れて るので結構可愛かったです。個人的には顔を真っ赤にしてる立ち絵が気に入りましたね。ちなみに見た目や言動はSっぽいですが、自称Mです。
 梓はSD絵が気に入りました。というか小さいのにお姉さんぶろうとするキャラは割りと好きなので、その点ではとてもよかったです。あの巫女服はただ単に上の人間の趣味なんですね……。寮長という立場もあってか基本的に突っ込みです。だいたいエリナのエロトークを止めようと必死になってます。まぁあのエリナをとめようとしてたら必死にもなるんでしょうけど……
 エリナはマジエロナでした。たまに会話にエロネタを投下してくるぐらいかと思いきや、日常会話がほぼエロで埋まってました。というかあまりにもその印象が強くて、エロ以外の話してたっけ?ってなりましたwww
主人公達と同じ学年だと思ってたんですが、莉音と同じ学年なんですね。
 莉音はなぜか印象が薄かった……。まぁ、話の展開的に美羽と梓のほうが目立ってしまうのは仕方がないんですが。寮の家事を担っているみたいですね。性的な知識が皆無なので無自覚にエリナを暴走させる原因にwww
丸目の立ち絵が可愛かったです。
 サブキャラはとにかく医者のキャラが濃かったです。あと、ニコラが普通に可愛かったです。
ニコラ
 主人公は孤児院育ちの免許持ちです。カーブの途中に手を離すとか大丈夫なのかよ……
序盤で美羽を助けようとして囮捜査に巻き込まれ、吸血鬼になります。本来吸血鬼になるには何日か継続的に吸血鬼の血をすわないといけないはずなのですが、何故か一度で吸血鬼になってしまいます。ちなみに吸血鬼はそれぞれが能力を持っていて、美羽は念動、エリナは電気、莉音は怪力といった能力を持っています。また、能力の発動には人間の血液が必要で、それ以外の時には代替の人工血液で大丈夫なようです。
 主人公の使った能力では、美羽の服がはじけ飛びました。能力の正体は今のところ不明ですが、多分本編の重要な局面でわかるんでしょうね。吸血鬼になる速さの謎も含めて重要な伏線になってるんだと思いますが、そうなると孤児院ではなく何らかの研究機関にいたのではないかと気になってきますね。主人公が能力を使った際は美羽の能力をイメージしてああなったので、同じ人物から血をすった吸血鬼と同じ能力を使えるあたりの能力かと予想してます。なんかおっプロと被る気もしますが……それだけだと能力に自由度がありすぎるので、最後にすった吸血鬼のみとか制約がつきそうです。
発売まであと26日ですね。もう1時ごろの時点でカウントダウンムービーはきてました。
ではでは、こんなところで~。

ものべの応援中!!

ものべの - 夏葉

アクセスカウンター

プロフィール

kuromitsu0446

Author:kuromitsu0446
くろみつのブログへようこそ
このブログではエロゲ・PCパーツ・サブカル・料理など私が興味を持ったことは何でも書いていきたいと思います。
ツイッターやってますので、興味を持った方はぜひフォローお願いします。

最新記事
フォローよろしくお願いします!!
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
イモウトノカタチ応援中
千毬_200x200
猫撫ディストーションExodus応援中!!
WHITESOFT『猫撫ディストーションExodus』応援中!
はつゆきさくら・ドラクリオット応援中!!
はつドラ合同バナーキャンペーン開催中
いろとりどりのヒカリ応援中!!
いろとりどりのヒカリ 応援中!!